宇野亜喜良 クロニクル

宇野亜喜良

1934年3月13日、愛知県名古屋市生まれ

80年間、デザイナーとして、イラストレーターとして数えきれないほど多くの作品を世に生み出してきた

(データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ペンなどによって描写された人物などが特徴

1950年代から鬼才イラストレーターとして活躍し

寺山修司の舞台、宣伝美術を手がけ時代の寵児となった

 

落書きのような魅力的なARTたち

アンニュイとセクシャルな雰囲気が漂う女の子たち

 

物憂げな女の子たちが彩る世界観が儚くて

引きつけられてしまう画集

 

宇野亜喜良先生の世界観が大好き

 

装幀も素晴らしくて

魅了されてしまう

 

昔制作された絵本や

デザイン仕事を垣間見ることができて

勉強になった

 

イラスト、デザイン、アートも

0から作り上げていく工程は同じ

 

想像力、イマジネーション

 

絵を描く以外にも、どこに行っても必要で

素直に赴くままに表現してきてよかったなって

今、本当に思ふ

 

 

あなたも宇野亜喜良先生の不思議な世界を

ぜひ覗いてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です